support

サポート

ファイル送信/受信の通知メールで独自ドメインメールを使用する設定方法

自社やご契約されているSMTPサーバを経由する設定を行うことで、ご自身のメールアドレスを差出人に設定してメール送信することが可能です。
※本設定を使用されない場合は、info@everidays.comより宛先に対してメールが送信されます。
 

設定する前にお読みください

・本設定を有効化することで、ご自身のEveridaysユーザIDのメールアドレスで送信することが可能となります。
・設定には組織管理者権限およびメールサーバの情報が必要となります。
・SMTPの「587」、「465」ポートがご利用できるサーバに限ります。(いずれもパスワードは暗号化通信が必要となります)
・Googleドメインメールは、現在本機能をご利用いただけません。今後のアップデートにて対応する予定です。
・SAKURAレンタルサーバをご利用のお客様は、レンタルサーバの仕様上、本機能をご利用いただけません。
 

 
 

1.自分のアカウントに対してメール送信の情報を設定する

(1) 自分のアカウントに対するSMTP設定を行う場合は、画面右上に表示されているアカウントからメニューを表示し、[ アカウント設定 ]を選択します。

(2) [ 差出人設定 > 差出人1~3 ]から、メール送信情報を設定する差出人を選択します。
 差出人の設定は1ユーザーにつき、3つまで送信設定を行うことができます。

※[ 差出人設定 ]が表示されていない場合は、[ SMTPサーバーを設定 ]が「いいえ」に設定されている可能性があります。
 「2.自分以外のアカウントに対してメール送信の情報を設定する」へ進み、設定値をご確認ください。
※[ 差出人設定 ]が表示されている場合は、「3.メール送信の情報を設定する」へ進みます。

 
 

2.自分以外のアカウントに対してメール送信の情報を設定する

(1) 画面右上に表示されているアカウントからメニューを表示し、[ 組織設定 > ユーザー管理 ]を選択します。

(2) 表示されたユーザー一覧から、メールの送信設定を行うユーザーの[ 氏名 ]をクリックします。

(3) [ ユーザー詳細 ]画面が表示されます。画面を下にスクロールし、[ SMTPサーバーを設定 ]を「する」に変更します。
 [ 差出人1~3 ]から、メール送信情報を設定する差出人を選択します。

 
 

3.メール送信の情報を設定する

(1) 以下の情報を参考に各項目を入力してください。

メールアドレス メール送信するメールアドレス(例:aaaa@xxxx.com)
サーバー名 SMTPサーバのホスト名(例:eds.xxxx.com)
ポート番号 587 または 465
ユーザー名 SMTP認証を行うユーザ名
パスワード SMTP認証を行うユーザのパスワード
差出人名 メール送信した際の差出人のお名前
署名 送信メール本文の下に署名を追加します

 

(2) [ テスト送信 ]ボタンを選択すると、正常に設定できているか実際に確認メールが送信されます。

正常の場合 設定対象のユーザより、本設定を行っているユーザに対してメールが送信されます。
件名:【Everidays】テストメール送信/本文:Everidaysからテストメールを送信しました。
エラーの場合 「テスト送信に失敗しました。」と画面に表示されます。

 

(3) 設定後は、右下の[ 保存 ]ボタンで設定内容を保存してください。