無料で使ってみる

support

サポート

GoogleドライブからGoogleAppsファイルを読込む方法

Everidays(エブリデイズ)の外部連携サービス、GoogleドライブからGoogleAppsファイル(※)を読込む方法について記載しております。
Googleドライブ連携を利用すると、EveridaysからGoogleドライブにアクセスができ、GoogleAppsファイルの読込みが可能になります。
Googleドライブをご利用のお客様は是非、Googleドライブ連携をご活用ください。

※Everidaysに連携可能なGoogleAppsファイルは
 ・Googleドキュメント
 ・Googleスライド
 ・Googleスプレッドシート
 ・Googleフォーム
の4種類です。

 

 

1.Googleドライブ連携の設定

(1) Everidays のタイトルバーの『ユーザー名』右の『▼』ボタンをクリックします。
 プルダウンメニューが表示されますので、「外部アプリケーション設定」をクリックします。

(2) 「外部アプリケーション設定」が表示されます。
 GoogleDrive の 「認証する」ボタンをクリックします。

(3) 連携するアカウントを選択します。
 連携するアカウントが表示されていない場合は、「別のアカウントを使用」を選択してください。

(4) パスワードを入力し、「次へ」ボタンをクリックします。

(5) 「Everidaysへの権限の付与」が表示されますので、「許可」をクリックします。

(6) Everidays に対する Googleドライブの権限を付与する内容が表示されます。
 内容をご確認のうえ、「許可」をクリックします。

(7) 「Googleドライブ連携が正常に行われました。」画面が表示されますので、
 画面を閉じて「Everidays」画面を表示します。

 
 

2.GoogleドライブのGoogleAppsファイルをEveridaysに読込む

(1) GoogleAppsファイルを格納する場所を開き、任意の場所で「右クリック」し
 「Googleドライブ連携」を選択
します。

(2) Googleドライブに格納されているGoogleAppsファイルが表示されます。
 Everidaysへ連携したいファイルを選択し、「インポート」ボタンをクリックします。
 ファイルは複数選択可能です。

(3) インポートしたファイルが連携されます。

(4) Googleドライブ連携したファイルを実行すると、対象のコンテンツをブラウザでを開きます。

Google Drive、Googleドライブ、Googleドキュメント、Googleスプレッドシート、GoogleスライドはGoogle LLCの商標です。この商標の使用はGoogleの許可の対象となります。
当該ページには、Googleドライブ公式サイトの画面キャプチャが一部含まれております。