無料で使ってみる

support

サポート

外部サービスの連携方法と使い方(Slack編)

Slack連携を利用すると、ファイルの共有リンクURLをメッセージと一緒にすぐに送信できます。
日ごろチャットツールでファイルのやり取りを行っている方は、ぜひSlack連携を使いましょう!
 

サービス連携の方法について

1.Everidays へのログイン

  1. (1) 『Everiays アプリ』を起動するか 『everidays.com』にアクセスし、『ログイン』ボタンをクリックします。
  2.  

  3. (2) ログインに必要なアカウント情報(『メールアドレス』や『パスワード等』)を入力し、
     『Everidays』にログインします。
  4.  

2.Slack連携の設定

  1. (1) Everidays が起動したら、タイトルバーの『ユーザー名』右の『▼』ボタンをクリックします。
     プルダウンメニューが表示されますので、『外部アプリケーション設定』をクリックします。
  2.  

  3. (2) 『外部アプリケーション設定』が表示されます。
     Slack の 『認証する』ボタンをクリックします。
  4.  

  5. (3) Slackの『ワークスペースにサインインする』画面が表示されます。
     Slack連携を利用するワークスペースの『Slack URL』を入力し、『続行する』ボタンをクリックします。
     すでにSlackにログイン済みの場合は『2.-(5)』にお進みください。
  6. Slack のワークスペースが分からない場合は、
    Slack-ヘルプセンター(https://slack.com/intl/ja-jp/help)へアクセスし、検索欄に
    「自分が参加しているワークスペースの-Slack-URL-を確認する」で検索してください。

     

  7. (4) Slack のワークスペースへログインするため、『メールアドレス』と『パスワード』を入力し、
     『サインイン』ボタンをクリックしてください。
  8.  

  9. (5) 右上の『Slack ワークスペース』が正しく表示されていることを確認し、
     『許可する』ボタンをクリックしてください。
  10.  

  11. (6) 『Slack連携が正常に行われました。』画面が表示されますので、画面を閉じて『Everidays』画面を表示します。
  12.  

3.Slack連携でメッセージを送信する

  1. (1) Slack連携でファイルURL送信するファイルの場所を開きます。
  2.  

  3. (2) 連携対象のファイルを右クリックし、『Slackで送信』をクリックします。
  4.  

  5. (3) Slack へのメッセージ送信画面が起動します。
     『ワークスペース』『送信先』から、メッセージ送信する宛先を選択します。
  6.  

  7. (4) 送信メッセージにメンションを付けるときは、『To:』をクリックし宛先一覧から選択します。
  8.  

  9. (5) メッセージに選択したメンションが追加されます。
  10.  

  11. (6) 必要に応じてメッセージ内容を記載します。
  12.  

  13. (7) 内容を確認し、『送信』ボタンをクリックします。
     Slackへメッセージが送信され、メッセージ送信画面が閉じます。
  14.  

  15. (8) Everidaysから送信したメッセージが、『送信側』『受信側』からそれぞれ確認できます。

     【送信側】Slackの画面


     【受信側】Slackの画面
  16.  

  17. (9) 受信した人がメッセージ内の『リンクURL』をクリックすると、
     『Everidays』でファイルが格納されている場所が表示されます。
  18. リンクURLをクリックしてファイルの格納場所を開く場合は、
    事前に『ワークスペースへ招待』されている必要があります。