support

サポート

組織ユーザー一括招待のご利用方法

「組織ユーザー一括招待」を利用することで、複数のユーザーをまとめて招待することができます。

 

1.組織ユーザー一括招待用CSVフォーマットファイルを準備する

(1) 組織管理者権限にて、右上のアカウントをクリックし、[組織設定] > [ユーザー管理]を選択します。
(2) ユーザー管理画面の右下 [CSV一括編集] > [一括追加]を選択します。
(3) [CSVダウンロード]よりフォーマットファイルをダウンロードし、画面の手順に沿って登録をお願いします。
 
 

2.組織ユーザー一括招待用CSVフォーマットファイルの項目説明

(1) 組織ユーザー一括招待用CSVフォーマットのご利用方法についての注意事項

「組織ユーザー一括招待用CSVフォーマット」ファイルを開くと、1行目、2行目に「項目名」が入っています。
組織ユーザー一括招待用のCSVデータを作成する場合は、3行目からユーザー情報を入力してください。
※1行目、2行目はインポート処理に必要な情報ですので削除しないでください。
※一括追加は最大500件まで取込み可能です。500件を超える場合は、ファイルを分けて複数回一括追加を実行してください。

 

(2) 組織ユーザー一括招待用CSVフォーマットファイルの項目説明

項目名 必須 入力形式 入力例 説明
login_type
ログイン方法
1 または 2 例)1 1 : メールアドレスによるログイン
2 : IDによるログイン
のいずれかを設定します。
email
メールアドレス
メールアドレス形式 例)sample@everidays.com ユーザーがログインする際に利用します。
ログイン方法がメールアドレスの場合は必須入力です。
ログイン方法がIDの場合は空白で設定します。
everidays_id
ID
例)abc123 ユーザーがログインする際に利用します。
ログイン方法がIDの場合は必須入力です。
ログイン方法がメールアドレスの場合は空白で設定します。
user_name
氏名
例)江振 太郎 招待する方の氏名を記載します。
password
パスワード
例)pass&123 半角英数字、記号で8文字以上
ログイン方法がIDの場合は必須入力です。
ログイン方法がメールアドレスの場合は空白で設定します。
is_two_auth
二段階認証
0 または 1 例)1 0 : 二段階認証を利用しない(規定値)
1 : 二段階認証を利用する
のいずれかを設定します。
language
表示言語
ja または en 例)ja ja : 表示言語を日本語にする(規定値)
en : 表示言語を英語にする
のいずれかを設定します。
display_name
表示名
例)江振 太郎 Everidaysサービス利用時に表示される利用者名です。
profile
プロフィール内容
例)平成20年入社 営業部所属
平成24年 総務部へ異動
自由記入欄です。
プロフィールのプロフィール内容に表示されます。
is_manager
組織管理者
0 または 1 例)1 0 : 組織管理者として設定しない(規定値)
1 : 組織管理者として設定する
のいずれかを設定します。
is_project_manager
ワークスペース管理者
0 または 1 例)1 0 : ワークスペース管理者として設定しない(規定値)
1 : ワークスペース管理者として設定する
のいずれかを設定します。
group_name
組織グループ
例)総務部 所属する組織グループ名を設定します。
複数組織グループ名を設定する場合は「/」で区切ります。(※1)
is_pass_expiration
パスワード有効期限設定
0 または 1 例)1 0 : パスワード有効期限を設定しない(規定値)
1 : パスワード有効期限を設定する
のいずれかを設定します。
expiration_date
パスワード有効日数
数値 例)60 単位は「日」となります。
パスワード有効期限を設定する場合、必ず「1」以上の入力が必要です。
max_myspace
マイスペース使用量
数値 例)0.5 単位は「GB」となります。
0を設定すると使用量は無制限となります。
小数点第2位まで指定可能です。
can_mobile
モバイル端末アクセス許可
0 または 1 例)1 0 : モバイル端末アクセス許可しない(規定値)
1 : モバイル端末アクセス許可する
のいずれかを設定します。
can_send_file
ファイル送信許可
0 または 1 例)1 0 : ファイル送信機能の利用を許可しない(規定値)
1 : ファイル送信機能の利用を許可する
のいずれかを設定します。
can_receive_file
ファイル受信許可
0 または 1 例)1 0 : ファイル受信機能の利用を許可しない(規定値)
1 : ファイル受信機能の利用を許可する
のいずれかを設定します。
use_smtp
SMTPサーバー設定(※2)
0 または 1 例)1 0 : SMTPサーバーの設定をしない(規定値)
1 : SMTPサーバーの設定をする
のいずれかを設定します。
sender_email
差出人メールアドレス
例)abc123mail@everidays.com SMTPサーバー設定をする場合、
差出人メールアドレスを設定します。
smtp_host
SMTPサーバー名
例)eds.xxxx.com SMTPサーバー設定をする場合、
SMTPサーバー名を設定します。
smtp_user
SMTPユーザー名
SMTPサーバー設定をする場合、
SMTP認証を行うユーザ名を設定します。
smtp_password
SMTPパスワード
SMTPサーバー設定をする場合、
SMTP認証を行うユーザのパスワードを設定します。
sender_name
差出人名
ファイル送信機能でメール送信する時に差出人名を設定します。
smtp_port
SMTPポート番号
587 または 465 ファイル送信機能でメール送信する際のポート番号を設定します。
auto_cc_address
自動設定CC
例)abc123mail@everidays.com ファイル送受信機能でメール送信する際に、CC欄に指定のメールアドレスを初期表示します。
アドレスは「”表示名” <メールアドレス>」の設定も可能です。
複数指定する場合はアドレス間を「;」で区切ります。
auto_bcc_address
自動設定BCC
例)abc123mail@everidays.com ファイル送受信機能でメール送信する際に、BCC欄に指定のメールアドレスを初期表示します。
アドレスは「”表示名” <メールアドレス>」の設定も可能です。
複数指定する場合はアドレス間を「;」で区切ります。
sender_email2
差出人メールアドレス2
例)abc123mail@everidays.com SMTPサーバー設定をする場合、
差出人メールアドレスを設定します。
smtp_host2
SMTPサーバー名2
例)eds.xxxx.com SMTPサーバー設定をする場合、
SMTPサーバー名を設定します。
smtp_user2
SMTPユーザー名2
SMTPサーバー設定をする場合、
SMTP認証を行うユーザ名を設定します。
smtp_password2
SMTPパスワード2
SMTPサーバー設定をする場合、
SMTP認証を行うユーザのパスワードを設定します。
sender_name2
差出人名2
ファイル送信機能でメール送信する時に差出人名を設定します。
smtp_port2
SMTPポート番号2
587 または 465 ファイル送信機能でメール送信する際のポート番号を設定します。
auto_cc_address2
自動設定CC2
例)abc123mail@everidays.com ファイル送受信機能でメール送信する際に、CC欄に指定のメールアドレスを初期表示します。
アドレスは「”表示名” <メールアドレス>」の設定も可能です。
複数指定する場合はアドレス間を「;」で区切ります。
auto_bcc_address2
自動設定BCC2
例)abc123mail@everidays.com ファイル送受信機能でメール送信する際に、BCC欄に指定のメールアドレスを初期表示します。
アドレスは「”表示名” <メールアドレス>」の設定も可能です。
複数指定する場合はアドレス間を「;」で区切ります。
sender_email3
差出人メールアドレス3
例)abc123mail@everidays.com SMTPサーバー設定をする場合、
差出人メールアドレスを設定します。
smtp_host3
SMTPサーバー名3
例)eds.xxxx.com SMTPサーバー設定をする場合、
SMTPサーバー名を設定します。
smtp_user3
SMTPユーザー名3
SMTPサーバー設定をする場合、
SMTP認証を行うユーザ名を設定します。
smtp_password3
SMTPパスワード3
SMTPサーバー設定をする場合、
SMTP認証を行うユーザのパスワードを設定します。
sender_name3
差出人名3
ファイル送信機能でメール送信する時に差出人名を設定します。
smtp_port3
SMTPポート番号3
587 または 465 ファイル送信機能でメール送信する際のポート番号を設定します。
auto_cc_address3
自動設定CC3
例)abc123mail@everidays.com ファイル送受信機能でメール送信する際に、CC欄に指定のメールアドレスを初期表示します。
アドレスは「”表示名” <メールアドレス>」の設定も可能です。
複数指定する場合はアドレス間を「;」で区切ります。
auto_bcc_address3
自動設定BCC3
例)abc123mail@everidays.com ファイル送受信機能でメール送信する際に、BCC欄に指定のメールアドレスを初期表示します。
アドレスは「”表示名” <メールアドレス>」の設定も可能です。
複数指定する場合はアドレス間を「;」で区切ります。
(※1)組織グループ名に「/」が含まれる場合は「¥/」で置き換えて記載してください。
 例)「全社員」と「総務部/経理課」の組織グループを指定する場合 … 「全社員/総務部¥/経理課」と指定します。
(※2)GmailやExchangeなどのOAuth認証は一括招待で設定することができません。ユーザー個別に認証する必要があります。

 
 

3.組織ユーザー一括招待用CSVフォーマットファイルの取込み

(1) 組織ユーザー一括招待用CSVフォーマットファイルの作成が完了しましたら、
 再度「組織ユーザー一括招待」画面を起動します。
「ファイルを選択」ボタンをクリックし、 作成したファイルを指定します。
 ※囲み点線へファイルをドラッグ&ドロップして指定することも可能です。

(2) 「内容チェック」ボタンをクリックして、ファイルの内容をチェックします。

(3) 取込むファイルの内容が表示されます。
 再度内容をご確認いただき、「招待」ボタンをクリックします。
 ログイン方法がメールアドレスの招待対象者に、組織への招待メールが送信されます。

ファイルチェックでエラーとなった場合は、エラーメッセージの内容を確認し、
ファイルを修正の上、再度取込を実行してください。