news

お知らせ

2021.03.01

NEWS

【脱PPAP】新機能「ファイル送信機能」のお知らせ【脱パスワード付きZIP】

法人向けオンラインストレージEveridays(エブリデイズ)は、パスワード付きZIPファイルのメール送信(PPAP)の代替機能となる「ファイル送信機能」をリリースしました。(V1.8.0よりご利用可能です)
 

パスワード付きZIPにまつわる昨今の状況

2020年11月24日、平井卓也デジタル改革担当大臣は暗号化ZIPファイルをメールで送付し、別途メールにてパスワードを送信する、いわゆる「PPAP」の運用を、内閣府と内閣官房で廃止する方針を発表しています。

パスワード付きZIPファイルは、ウイルスチェックによるスキャンが不可能なため、マルウェア感染リスクの恐れがあることから、「メールにパスワード付きZIPファイルが添付されていた場合、自動的に削除する」仕組みを導入している企業も増えてきています。​
 

Everidaysが『脱PPAP』をお手伝いします。

Everidaysは、実ファイルをメールに添付せずに、よりセキュリティ高くファイルを転送できる「ファイル送信機能」を新たにリリースしました。

この機能を使うことで、共有先の相手はEveridaysアカウントを作る必要はなく、ファイルへのダウンロードURLをEveridays上から直接メール送信でき、PPAPよりも簡単に、そしてより安全にファイルを連携することができます。

Everidaysが、この脱PPAP(脱パスワード付きZIP)の一助となれば幸いです。
 

ファイル転送機能の使い方は以下で解説しております。

ご利用ガイドで操作方法を見る
 
 

Everidaysのファイル送信機能のポイント

1.実ファイルを添付することが不要となります。

ファイルをクラウドから直接ダウンロードできるURLを送信するため、メールに実ファイルを添付することがなくなり安全です。
 

2.パスワード通知メールは自動で送信されます。

Everidays上から直接メールが送信でき、パスワード通知メールも自動で送信されるため、送信の手間が省けます。
 

3.ファイルダウンロード時は認証が必要です。

ファイルのダウンロードは、「メールアドレス」と「パスワード」で認証されるため、不特定多数からダウンロードされる心配はありません。
 

4.有効期限とダウンロード回数制限を設定できます。

ダウンロードは「有効期限」と「ダウンロード回数制限」を設定できるため、不要な拡散を防ぐことができます。
 

5.ダウンロード履歴の確認と、共有の緊急停止も可能です。

ダウンロード履歴から「誰がいつダウンロードしたか」を確認でき、共有の緊急停止も可能です。
 

6.メールだけでなく、各種チャットなど外部連携用のURLを生成できます。

送信方法はメールだけでなく、ChatworkやSlackなど、他のサービスにも流用可能なURLを生成できます。
 

◆機能の詳細はこちらからご確認ください:https://everidays.com/file-transfer 
 

引き続き、法人向けオンラインストレージEveridaysをよろしくお願いします。